しんかの おさけ

しんかさんは おさけが だいすきです。

すぐに よっぱらって しまいますが どんな おさけも たいせつに あじわいます。

こんかいは みなさんが ふだん あまり くちにしない バーボンと ジンを しょうかい します。

この 2しゅるいは しんかさんが じょうりゅうしゅの なかで もっとも すきな 2しゅるいです。

みんなに しってもらって たくさん おはなし できたら うれしいです。


これから たしなむ ひとの ために しょきゅう ちゅうきゅう じょうきゅう の

いちづけを してあります。

おさけの あじの しりかた ですが まず しょきゅうの おさけの あじを おぼえる ことが

いちばん はやく じょうきゅうへ たどりつく ちかみちです。

1つの あじを おぼえて しまえば ほかの おさけの ちがう あじを みつけやすい からです

ひょうかの きじゅんと あじの かいせつは しんかさん どくじの ものです。

みなさんも おなじように かんじる ほしょうは ありません・・・


まずは ジンから ごしょうかい します。

ジンは おさけを じょうりゅうする ときに ハーブや スパイスを いれ つくられます。

なので かならず どのジンも スパイシーかつ さわやかな かおりが するのです。

初級編

ウィルキンソン

トニックウォーターやドライジンジャーエールで有名なブランドのジン。

全てにおいて当たり障りのない口当たりのジンで、炭酸水との相性もバツグンです。

ギルビーズ

初め飲むときは、そのスパイシーな香りで胃がどうかなる人もいるようですが、キンキンに冷やしてから飲むと結構なクオリティーを出してくれます。

あと、安いですw

中級編

ビフィーター

この世で最も多く知られていると言っても過言ではない有名なジン。

カクテルでもベースになるジンはほとんどがコレ。

この味が解るようになれば、一人前です。

ゴードン

キレッキレの辛さと、頑固且つ透き通った香りのするジン。

ブドウ系のジュースやソーダと混ぜて飲んでも、真価が失われない程鋭い味わい。

上級編

プリマス

味が解るようになってから飲むと、異次元に連れていかれたような驚きを与えてくれるジン。

気品のある香りとキレ、ジンを語るうえでこれを知らない人はただの知ったかぶり。

ブードルス

しんかさんが一番好きなジンです。

味、香り、辛さ全てにおいて絶妙なバランス。

常温、低温、オンザロック、ソーダ、どの状況下でも主役と脇役を演じてくれる最高の1品。

マティーニは是非これでお試しあれ。

ボンベイ・サファイア

クリアで鋭い、見た目通りの上品なジン。

繊細故に、カクテルのベースにすると本質の味を損なう危険性があるともいえる。

冷凍庫で冷やし、ストレートでどうぞ。

タンカレー

独特の甘さとシャープな辛さが特徴のジン。

オンザロックで飲んでも、存在感が薄くなっていかず、むしろ氷が解け始めたくらいから、息を吹き返したかのように本性を現す。

…まぁ、だったら初めから常温で飲めよって?

それがこだわりと言う物でしょw


おつぎは バーボンを ごしょうかい したいと おもいます。

バーボンは アメリカ ケンタッキーしゅうで つくられた せいさんち げんていの おさけです。

おなじような おさけで ジャックダニエルという おさけを バーボンと よぶことが ありますが それは まちがいで ジャックダニエルは テネシーしゅうで つくられて いるので この おさけは テネシーウィスキーと いいます。

そのくらい こだわりを もって つくられて いるのが バーボンウィスキー なのです。

しんかさんは バーボンの あじわいを 「パンチ」 という ひょうげんで あらわします。

こく ふかみ かおり からさ すべての そうしょうと かんがえて ください。

初級編

IWハーパー

実はとても深いバーボンですが、ソーダで割って飲んでもとてつもなくおいしいので、初めはこれで馴れるのがいいかなと思い初級編に入れました。

流行りのハイボールが好きな方は是非「ハーパーソーダちょうだい!」と、店員に大声で注文してください。

エヴァンウィリアムス

ハーパーソーダでバーボンに馴れたら、こちらで深みを覚えましょう。

このお酒は是非、ストレートかロックで飲んでいただきたいです。

バーボンの甘みが感じやすく、馴れてくるとうま味に代わってきます。

その境界線を越えたら、もう上級者と言えるでしょう。

中級編

ジムビーム

コクの強さに疑問を感じ始めたら、こっちに戻りましょう。

これもソーダで割ると新しい境地に立てます。

モチロンストレートでも美味しいのですが、飲み続けるとこう思うはず。

「パンチが足りない」と。

そう感じちゃったあなたは、オメデトウ、バーボンジャンキーです。

アーリータイムス

黒ラベルを乗せていますが、日本で一番主流なアーリーは恐らくクリーム色のラベルの方です。

アーリーはバーボンの味を忘れた頃に飲むと「あ~、バーボンに帰ってきたわ~」と思えるノスタルジックさがあります。

オールドクロウ

これ以外は飲まないと固く誓う方もいらっしゃるくらい、芯のあるバーボン。

オンザロックを卒業した頃には、もうこのくらいのクオリテーでないと満足しなくなっている筈です。

バランスにおいては一級品、香りにおいては一つ上です。

ファイティングコック

上級者への登竜門。

強烈なパンチがあなたを待っています。

コクと辛さの虜になる人が多く、ファンもオールドクロウに並んで多い愛され続けているバーボンです。

飲み過ぎて、興奮した鶏みたいに顔を赤くしないでくださいね。

上級編

ワイルドターキー

スタンダード且つ超有名なバーボン。

何故これが上級かと言うと、結構な種類があり、そのすべてを知った時、ターキーは偉大だと気付くはずです。

写真は8年の物ですが、他にスタンダード、12年、リザーブド(13年)、スタンピード、レアブリードなど、全く異なったあじわいの商品があります。

フォアローゼス

お酒はその知識があるだけでよりおいしくいただける不思議な飲み物の代表ですが、そのさらに代表と言えるのがこちら。

女性が愛する男性へ送るのに、これほど適したお酒が他にあるであろうか?

詳細は他でご覧ください。

オールドグランダット

しんかさんの中では、バーボンと言うとコレがすぐ出てきます。

現役時代、こればっか飲んでいましたので・・・

(厳密にはコレの114と言う物でしたが)

故に、初心者にコレを語ってもらいたくないという事で上級入りさせました。

メーカーズマーク

このバーボンをまずいという人を見たことがない!!

バーボンが苦手な方は言うのかもしれませんが、バーボンを飲める人はみ~んなメーカーズマークが大好き。

何でか解らないけど、しんかさんも好きです。

もしかしたら、メーカーズマークはバーボンの王様なのかもしれません。

超上級

エライジャクレイグ

唯一無二のコク、深みを持ったバーボン。

恐れ多くてこれ以上は書けない・・・

が、バーボンを飲み始めれば絶対に手を出す一品で、フルーティーな香りを感じる人や、バーボンと理解できない人もいます。

貴方が飲んだ時の感想が、正解。

貴方だけの答えが見つかる不思議なバーボンです。

ブラントン

高級品!!

1本1万します。

ボトルキャップが馬なのは、近くに競馬場があるから、と言う噂を聞いた事があります。

定期的にトップも作り変えられており、それをコレクションとして集める方もいらっしゃいます。

専用のケースも作られているほどコレクションの需要があり、ギャンブラーから富裕層まで多くのファンに愛されている逸品です。

ブッカーズ

アルコール度数が65%と、酒豪でない限りはあまり手を出さない方がいいバーボン。

(他の役1.5倍以上の度数です)

但し、そのクオリティーは正に桁を超えており、ほかのバーボンでは表現できない美しい味わいがそこにはあります。

エズラブルックス

正直言います、よく解んないですコレ。

まずくはないんですが、逆に上手いの?コレ・・・

って言う何かよくわかんない品なので超上級に。